いくら必要?住み替えにかかる費用〜賃貸物件探し・契約・引っ越し〜


管理者と所有者がいる

仮に一戸建てや分譲マンションを購入すれば、所有者は購入者となります。
もっとも、分譲マンションであれば、管理組合などがあるため、完全に自分のみで、該当物件を所有していることとは、別なことになっています。
しかし、賃貸マンションであれば、賃借人のほかに、管理会社とオーナーがいます。
では、管理会社とオーナーとは、何でしょうか?
まず、管理会社とは、該当賃貸マンションのマネージメントを行います。
たとえば、設備が壊れたのであれば、管理会社に連絡をします。
あるいは、その他のトラブルなどがあれば、最初の選択として管理会社への連絡となります。
いわば、建物全体のメンテナンスを行うのが、管理会社でもあります。
もっとも、管理会社が設備の修繕などを行うのではなく、業者の手配などを行います。
本来、賃貸マンションの所有者であるのが、オーナーであるため、管理を行うのは、オーナーの役目です。
しかし、規模などから一個人でもあるオーナーには、限界があります。
そこで、管理会社が代行することで、マンション管理をスムーズにしているようです。
ただし、あくまで建物自体は、オーナーのものです。
外壁工事などの大規模な修繕などは、オーナーが決めることになります。
あるいは、住人への退去命令なども、実際オーナーの権限となっています。
なお、木造の賃貸アパートでは、大家がマンションのオーナーに匹敵します。
言葉が違いますが、大家でもオーナーでも、立場は同じようになります。
Copyright (C)2018 いくら必要?住み替えにかかる費用〜賃貸物件探し・契約・引っ越し〜 All Rights Reserved.