いくら必要?住み替えにかかる費用〜賃貸物件探し・契約・引っ越し〜


敷金などの誤解

賃貸物件であれば、敷金と礼金があることも、一般的でしょう。
もちろん、今では、敷金と礼金がない物件も多数あります。
けれども、やはり、通常は敷金と礼金が初期費用の一つであり、すべては家賃によって決まるとも言えるようです。
そんな敷金と礼金は、お馴染みであっても、よくわからない面があります。
一体、それらはどういうものでしょうか?
まず、敷金は、保険のような金です。
退去すると、リフォームを施すことになりますが、直前まで住んでいた人が汚れが付けた、あるいは、装備を壊したと判断され、リフォーム予算以上になれば、敷金が利用されます。
もし敷金でも間に合わないようであれば、差額と後日請求されるようになります。
借りる人の中には、敷金が必ず返されるお金と思っている人もいるようです。
けれも、実際は返戻の保証のないお金となっています。
また、礼金は、オーナーに対するお礼となっています。
これは、賃貸の慣習で出来上がったようで、日本の古い伝統のようにもなっているようです。
慣習は、法律で認められるものであるため、今でも継続しているようです。
なお、先でも触れていますが、最近は敷金と礼金のない賃貸マンションもあります。
ホテル感覚で利用できるものですが、多用している人も多いるようです。
けれども、敷金がないと、リフォーム代などを請求される恐れがあります。
このため、初期費用が掛かるとしても、敷金にも、良し悪しがあるということでしょう。
Copyright (C)2018 いくら必要?住み替えにかかる費用〜賃貸物件探し・契約・引っ越し〜 All Rights Reserved.